<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おねだん以上認定

c0169239_8322676.jpg

テレビで見て気になったので、買いにいきました。

ニトリの小型のホットプレート、990円也。

手のひら二個分位の大きさ。
オンとオフしかできません。

いつもデカイホットプレートを出すなら、全面的に「鉄板焼」にしなくちゃなんないからなー。
ちょっとだけ肉をテーブルで焼きたいのになー。
と思ってたのよね。わたしゃ。

で、これ。

さっそく2号と二人で使ってみました。どれどれ。
(ちなみに1号は楽しい合宿で今頃ムシの息。)

ご飯のおかずに肉をチマチマ焼いて、なかなかつつましい感じで心温まります。

ただ、コンセントまでの距離もコンパクトサイズで短いので、こたつのはじにしか置けなくて、こたつの一角を二人で囲んで食べると言う、更につつましい風景になってしまったが。。。
こたつ半分がら空き。

あまりにつつましいので
「最後の肉は食べていいよ。」
「え、いいのかい。すまないねぇ。苦労をかけて。」
と、小芝居までしてしまう始末です。

ついでになんか焼くかと、カマンベールチーズを八つ割りにして焼いて食べたらツマミに最高でした。
こりゃ、いいわ。

朝もこれで各自ベーコンや卵焼いて食べてくれにしといて、その間に弁当作ればあと10分寝れるなとか。
うっしっし。

母の夢は今、膨大に膨らんでいるのだ。

おねだん以上だぞ、ニトリ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-29 08:32 | 隊長日誌

カエルの子はカエル。

c0169239_18411687.jpg

こんな漫画を買いました。
バカバカしくて笑えます。ゲラゲラ。

読んではあるあるこんなこととか、思ってたら

「この人、お母さんみたい」
と二人の娘に別々の時間に言われました。

統一見解というのか、これが。

ふざけるな、こんなにヒドクはないぞ。


そんな娘たちも最近「おうち酎ハイ」の味を覚えました。ウヒ。

楽しくなってきたなー。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-23 18:41 | 隊長日誌
c0169239_202294.jpg

職場にメールが届きました。

「うちに可愛い子犬がいるよ」by2号

おい。なんでよ。

中学校に捨て置かれていたのを校内放送で引取り手募集したそうで。

だからって。なんでよ。

「小さくて弱々しいから、咬まないし、鳴かないし、ウンコもしないみたい。」

そんなアホな。

病気で死にかかってる子犬なのか?
なんでそんな。

とにかく早く帰らねばと、時報とともに定時退社。



「ただいま。」

玄関にゲージが。


「うっ。これは」


弱ってる生まれたての子犬と言うよりも、

限りなく成犬の雑種だが。

確かにしょんぼりしているが、これは弱ってるんじゃなくて、捨てられたショックからではないかと思われますが。


「飼いたいよー。」

「ダメだよ。こんなデカイの。誰が面倒みるのさ。」
と言ってるはじから、アレルギーが出て、くしゃみが止まんないし。カイカイ。

絶対無理。

とりあえず一晩は置いて、明日の朝、学校に返してくることにして消灯。

ベッドに入ってから、また捨てられる犬にちょっと想いを巡らせつつ夢の中へ。

二時間後、なんか目が覚める。

「オーンオーン」
遠吠えって奴ですか。これが。

はじめて聞く「生遠吠え」 
一晩中堪能いたしました。
さすが、成犬。声帯も立派です。


これのおかげで、2号もすっかり捨て直しに同意しまして。
犬鳴いて地固まると申しましょうか。


睡眠不足の親子は、早朝24時間スーパーに行って、学校に持っていく用の段ボールを探します。
あぁ眠い。

「お母さん、これならあの犬入るんじゃない?」
って。言うな。

明らかに犬を捨てに行く親子だと思われるだろうがっ。
ある意味そうだけど。

返しに行くのよ。捨てにじゃないよ。
と、わざわざ言うのも嘘臭いしさー。もー。


とりあえず手当たりしだい頂いて、撤収〜。


戻ると犬は寝てました。
そりゃ一晩中鳴いてりゃ、今頃眠いだろうさ。

段ボールに抱えて入れると、若干小さかったようで…さすが、成犬。
飛び出さないかと思ったけど、割りと大人しく入ってます。
さすが、事情を知ってる成犬。

ドナドナドーナドォナ〜と車で運びます。

その振動がよかったのか悪かったのか、ウンコもしないはずの子犬は、狭い車内の小さい箱に思いっきりなことをしてくれます。

さすが成犬。内臓もしっかりされてます。

中学校に2号と箱入り成犬を置いて、犬の置き土産を持って戻って、そこから支度して出勤した訳です。

めでたしめでたし。

あー、1日長いよっっ。
(話も長めで恐縮です。)
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-17 20:02 | 隊長日誌

今日でおしまい。

c0169239_830132.jpg

みなさん確定申告は終りましたか。

私は自分の分はとっくに還付をうけて、浮かれて食べたり飲んだりして排泄済みです。
あぁ、虚しい。色即是空。

てなことで、あとはチマチマと他人の確定申告をやっておりました。

これも本人の性格がでるようで、
「いつまでたっても資料を送ってくれない人」は、まぁありがちなんだが、

「送ったけど、税金はどうなりましたかっ」
と、投函するやいなや大騒ぎの人や
(ポストの透視はできません)

「今年は入院したり手術したりで」
とペットの医療費をワンサカ出す人や
(我が子同然でも我が子じゃないからっ)

「えーっ」
と還付じゃないとわかるやいなや、あきらかにムクレる人や
(私に八当たらないで下さい)

そんな諸々の方々の「納得できない」を静めて歩く巡礼の旅。
むしろ計算よりこっちが大変。

おかげで、家事の方は手抜きどころか足抜けしちゃってる状態。
蛍光灯がピカピカしちゃって目に厳しいし、水槽のフィルターは緑の魔物と化してるし。
魔法の館かっ。


1号2号が黙っててもやってくれる出来た子ならいいのだが、いかんせん我が子。お里はしれてます。

これやれ、あれやれと言えば渋々とやる使えない亭主レベル。
若年性濡れ落ち葉。

そんな時に開発した
「気持よく手伝いをさせるテクニック」

お願い置き手紙をイラストバージョンにするのです。(↑写真参照)

これは効果テキメン。すごいよ。

自分の似顔絵が洗濯物をたたんでたりアイロンしてたりすると、楽しいようで、帰るとわざとイラストと同じように並べてあったりします。

こりゃぁ、いいや。ウッシッシ。

難を言えば、イラスト書きにのめり込んでバスに二回置いて行かれたことかな。
仕事に欲しいこの集中力。朝から使い果たしてます。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-15 08:30 | 隊長日誌

手相を見せたい。

c0169239_1957289.jpg

最近、「手相芸人」なる人をよくTVで見かけます。

売れっ子のようだが、肝心の芸の方は全くわからない。
ネタ一つやらんで、それでいいのか?とか余計なお世話か…はい。


とか言いつつ、やってると自分の手相と見比べては、真剣に聞きいるは、語るはで、家庭内が盛り上がる訳です。
多分、どこのご家庭でも同じかと。


「あたし、覇王線がある。」と1号。
「どれどれ」
「よーく見ると、うっすらとここ。」
「うーん」

よく見ないとわからないような覇王線て、どうさ。
弱すぎなくね?


「これKY線なんだって」と2号。
「見なくてもあんたにゃ、ありそうな気がしてたよ。」
「え?なに?」
「いや、なんでもありません。」


私の手相はどうかしらね〜。

割と必要な線しかないようなサッパリしてる気がしますが。
これは吉なのか凶なのかどうなのか。うぅむ。

密かに占い師にみてもらいたい願望がフツフツと沸いてきてるのだが、
「当たるちゃんとした儲け主義じゃない並ばない占い師」
がいいなーとか思う訳で。

どっかにそんな人を知りませんかね。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-08 19:57 | 隊長日誌

一休み一休み。

c0169239_884976.jpg

ホットケーキやフレンチトースト率が高い我が家。
メープルシロップを切らしてしまったので、仕事帰りに立ち寄った高級スーパー。

「げ。1800円だとぉっ」

高いよ、本場のメープルシロップ。

誰が何のためにシロップにこんなに金出すか、ボケェ。ケッ。

と、ひとしきり心で悪態をついたその横に彼がいました。

「一休さんだ…」

心の乱れを恥ずかしく思わせてくれる、このラベルデザイン。

シンプルこの上なし。

しかも262円。

値段すら控え目じゃ、あーりませんか。
さすが、将軍のおとし種。
見習え、メープルカナダ人。

ということで、ありがたく購入してまいりました。

水飴なんか知ってるかなーと思いましたが、知っておりました1号2号。
駄菓子屋でネリネリしたことあるそうで。


一休さんの話も知ってました。
保育園で紙芝居を見たそうで。

親はなくとも子は育つね。うんうん。


そして翌日の夜、一休さんの水飴はカラになっておりました。

水飴ってそんな勢いで食べれるものだったっけ〜?

なんか、半分くらい残ったまま忘れさられるイメージだったのだが…。

結局、なめず仕舞いの私。
さすがにもう一瓶はないよなー。
残念。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-03-05 08:08 | 隊長日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2