<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

気づくと1月も終わり
職場では年末調整から法定調書だの住民税だのと提出期限がせまり来て、つぶれてました。
ぺたんこ。

気づくと、世間はインフルエンザでつぶれてるし。あららら。

2号のクラスも8人羅患で、今週は半ドンの日が半分
学級閉鎖にしないでがんばる小学校。
とりあえず給食まであってよかった~と思う兼業母の私。
ありがたやありがたや。

そんな2号からメール。
気持悪いから、公文休んでいい?」

え?いいけど…。ついにインフル上陸かっ?

慌てて定時にとっとと退社する私。ハイ、サイナラ。

ただいまー。
「どうよ?大丈夫なん?」靴を脱ぎながら声をかけると、

「うん・・・」と白い顔の2号。

これから、一気に悪化しそうな気配。うーむ。
明日は顧問先に行く約束入ってるし、ちょっとこれは・・・。とついつい、病状より、仕事の事情に重きをかけがちなわけで。
すまん。娘よ。

「行くか。夜間救急。」立ち上がる母。

とりあえずみてもらっておけば・・・。というわけで、あんまり評判はよくないが、夜間やってくれるのだけがとりえな病院へ。

ガラーンとした待合室。誰もいません。
「すいませーん。」と受付のピンポンを押してみる。

出てきた看護士(男)は、
「今、救急車が2台入ってて、先生がたった一人でテンテコマイなんですが。」
と、どうしました?以前に自分側がどうしてるかをまず切り出すノンウエルカム状態。

でも、救急車の姿も見えないし、「離れてっ。ピピピ・ドカン」みたいな音も声も聞こえないし、あんたがたの切迫した感じも感じ取れないんですけど。
欠伸して出てきたよね。今。

「それでも待ちますか?」だって。

「待ちます。」←俄然、燃えるわ。

「学校も学級閉鎖で、インフルエンザだったら早くクスリを飲みたいので。娘も朝から具合悪くて、もうグッタリしてるし。」
若干、こっちもおおげさに言ってみる。

当の娘は足をブラブラさせてて、グッタリ感がないのが気になるが。

「あっそうですか。じゃ、熱を計ってください。」
「わかりましたよっ。計りますよ。」

見えない火花が、冷たい待合室をあたためます。

ピピピ。
「あ、6度5分だぁ。」←熱、出しとけよっ。

病院に来たという安心感か、見た目も非常に回復してる感の強い2号。

「先生、ホントに忙しいので、時間かかりますよ。いいですか?」と、ここぞと念押しの看護士。

「帰ろうか?」と言い出す娘。裏切りものめっ。

気づくと四面楚歌じゃん。おい。
「待ちます。ここまできたら、待ちますっ。」←無駄に強い意志。負けるもんかっ。

「・・・わかりました。」看護士退場。

再び誰もいなくなった待合室。

「あんた、ちょっとくらいグッタリしてなさいよ。」
「うんわかった。こんな感じ?」
「白目にはしなくていいから。うつむき加減で。そうそう」

などとコソコソ演技指導をする親子。

すると、
「はい、金サン。どうぞ。」って。

まだ10分も待ってないんですけど・・・。ちょっと。

診察室に入ると、妙なテンションのおじさん医師。
「はーい。こんにちはー。」←昔の漫才の出だしみたいな明るさ。

うつむき演技中の娘の代わりに、こうこうこうで、と病状を話す私。
「そっかー。なるほどねー。うちの奥さんも先月こんなことがあってね…・・・・・・笑っちゃうでしょ。でね・・・・・・・・・」

長々と話し出す先生。きっと話し好きなんだろうなとは思ったんですが、

忙しくて大変なのに時間をさいてみてくれてるようには思えないんですが・・・。

おい、横の看護士っ。

きっと心の中で先生、いそがしいのに診てるみたいな演技を・・・と思ってるに違いない。

そんな嘘つきだらけの病院で、もらってきた薬のおかげか、翌日、見事に熱を出した2号も大事に至らず1日寝てたら直りました。

よかったよかった。薬は嘘つかないね。

039.gifデモアノビョウインハモウイケナイ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-31 12:00 | 隊長日誌

悪い子だからか?

なまはげツアーを企画して色々探してる母を尻目に、
非常に家族のノリが悪いままなのです。

ねーねー。聞いてー。

おっ。これすごいよー。

青なまはげと赤なまはげがいるよー。

巨大なまはげ像があるってー。

なまはげ館ってのもあるってよ。

わー。すごーい。おー。などと、聞こえよがしな独りごと。


・・・・。ふーん・・・。シーン。

必死で釣ろうとしても全然ひっかかりません。なんでよっ。

いつもは、大抵どっちかがひっかかるのに、今回は全然なんですけど。

おかしいなぁー。ちっ。

色々探したら、

なまはげ体験ツアーってのがあって、

わざわざ、自分たちの部屋に来てくれるのよ、なまはげコンビが。

でね「悪い子はいねーがー」って自分たちだけのためにやってくれるってーのよ。

「これだっ。」と、非常に喰い付いたんだけど、

これは、
大人2名と12歳未満のお子様がいることが申し込みの必須条件です。」とある。

どうも台本があって、
「なまはげとお父さんが問答をして、悪い子はいねがーってなって、おびえる子供をお母さんがいい子ですからっとかばうと、いい子にしろよと、言い残してなまはげは去る。大団円。」
みたいな小芝居をやるらしい。

我が隊の場合、大人1名に15歳と12歳なわけで、ギリギリいけそうで
全くダメなんですけど。

隊員2号を11歳ってことにして、ってよくある作戦も、うちの場合、1号より年上に見られることすらある12歳を11歳と偽るのは、かなり難しいわけで。ちょっとなー。

それに最初にお父さんが問答しないといけないみたいな設定。おらんがな。

「幽霊隊員誘うか・・・」とも思ったんだけど、

なまはげと問答して欲しいから来てくれ。」といって、果たして来るかどうか・・・。

別れてよかったと思われるだけか・・・。うーむ。

大体、なまはげに会いたいのは私だけだし・・・。うーむ。

うーむ。

「いっそ、一人旅?」ってのも掠めたけど、ひとりでなまはげってのは、なまはげの方も困るだろうしなぁ。
子供がいなきゃ、きっと、話しかけてくれない気がする。

なまはげにスルーされるのも、さびしいなぁ。
こっちから話しかけるのも勇気がいるし。

思えば、なまはげって、「小さい子連れ限定」に絞った「冬季限定」なもんだし。
この少子化の中、よく消えずにここまできたもんだわ。

ねぇ。そう思わない?

などと、延々とふってみたりしてますが、やっぱり、

「・・・そうだね。」「・・・」

あー、そうですか。そうですか。
いいですよ。いいですよ。よか、ないけど。

ふん。031.gif033.gif
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-24 20:41 | 隊長日誌

NAMAHAGE

桜咲いた1号はそのまま一気に散ったかのように、扁桃腺を腫らして臥せっております。

ぐったり。いまや、葉桜もいいとこ・・・。なにしてんだか。

まだまだ受験モードのお友達に迷惑をかけてはいけないので、本日は欠席です。

朝、土鍋いっぱい煮込んだおじやをドンとおいてきたので、モソモソ食べてることでしょう。

「今朝は3食おじやよ。」ニッコリ。たっぷり。

ま、のんびり病んでくれ


さてさて。
ガクッと4月までノープランになったので、
「温泉いきたーい。」と思って、たくさんパンフレットを集めてみました。

いつもは伊豆とか鬼怒川あたりなんだが、なんだか東北に行きたい気分な私。
←行ったことないんで・・・。

東北新幹線で東北どうよ?君たち。」
「いいねー。」「さんせー。」
「お母さん的には、なまはげ見たいんだよね。」
「・・・・」「え・・・」
わんこそばもやってみたくない?」
「いいねー。」「やるやる」
「囲炉裏できりたんぽ鍋とかも食べたいし。」
「たべたーい」「うんうん。」
「ここは津軽三味線ショーとかやってるよ。」
「へー。」「おー。」
「露天風呂で雪見るのもいいよねー。」
「夢だねー。」「いいねー。」
なまはげも見たいよねー。」
「・・・」「なまはげは、いや。」

なんで? ここだけノリが悪いんだよっ。君たち。

なぜか、無性に、なまはげの本物が見たいんですけど。私。
本物も偽物もサンタみたいなもんだけどさぁ。

結構生きてきたけど、生身のなまはげ、見たことないんだもん。

なまはげって、いつ、どこに行ったら、あえるんだろー。

なまはげの日ってあるのかなぁ。

冬に秋田にいけば、うろうろしてるのかなぁ。←多分してない気がする。

やかんの次はなまはげだ。

行くぞっ。手下ども。017.gif
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-20 14:51 | 隊長日誌

金さんのさくら吹雪

えー。無事、さくら咲きました。
祈願してくださった皆様、ありがとうございます。

金曜日に受けて土曜日発表ですから、受けに来れば合格っていう流れだったような気もしなくないが・・・。

それでも、本人は
「もしかして、ダメだったら。」などと、生まれてはじめての受験に気をもんだようで、
今日は知恵熱を出してます。

ホッとして、ぐったり。

全く、肝っ玉の小さい。

土曜日発表したら、月曜日までに入学金を入れろと、サクサク回収業務に入る私立高校。

じゃ、おさめついでに、乾杯するかと、イタメシなんぞを食べて、

その勢いで、お祝いついでに、買物をしちゃいました。

念願のやかんと往年の石油ストーブ

わーい。わーい。

ギリギリまで寝てる系バタバタ家族には、やっと暖まり出す頃、みんな出払う状態でテンポが違うスローライフ陽だまりオイルヒーターじゃ、無理でした。
ドライヤー使えば、飛んじゃうし。マタァ?

いきなり直火でボンボン着いて、電気もガスも使わずに空気を汚すこいつに働いてもらうことにしました。
ジリジリ赤くなる筒が、なつかしい逸品です。
つけたら、すごく暖かくてビックリよ。
上にやかんを乗せておけば、加湿湯たんぽ準備もできちゃうし。グー。

オイルヒーターが小室哲哉なら、石油ストープは武田鉄也ってところでしょうか。
好きずきは別にして、とりあえずやることはやってくれる感じ。

もうそれでいいのかもしれないわね。こう寒いと。

とにもかくにも、
高校暖房も決まったし。えかったえかった。」と喜ぶ私に

「合格祝いは、やかんなの?」と言う1号。

な、わけないでしょーよ。

「合格祝いは入学金よ。」 あんた。

制服も買ってやるから、安心せい。034.gif
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-18 21:39 | 隊員日誌

喰わずに勝てるか?

寒いですね~っ。
ちょっと寒すぎやしませんかってーの。と腹が立つほど寒いです。


あまりの寒さにオイルヒーターとエアコンとこたつをつい重複してしまって、ヒューズがバンバン飛んでおります。
あ~、もーっ。50Aにした自分がうらめしい。
ブレーカー上げにいくのも寒いのにぃー。

明日にでも、石油ストーブを見に行こうかと。
もはや灯油パワーにおすがりするしかないこの寒さ。最後は直火だ。
ということでオイルヒーターは二軍落ち間近です。
ありがとう。さようなら。

さてさて世間も我が家も受験ムードになり

ウカール」だの「ハイレルモン」だの「TOPPA」だの…
去年まで「こんな企業戦略に踊らされるなんてバカみたい
と思ってたお菓子を買いあさってます。

まだ買ったことないやつを見かけると走り寄って買うほどに。
哀しい踊り子金さん。バカです。


そして、なぜか並べて飾って食べない姉1号。ナムナム

それを、はじから少しずつ食べていく妹2号。ムシャムシャ

「あれ?なくなってるー。もーっ」
「アンタも食べりゃいいじゃん。お供えじゃないんだし。」

そんで、夕食を残す妹。
「ちょっとお腹すいてないから、ごちそうさま。」
「夕御飯残すほど、お菓子たべてちゃ、だめだろがっ。」 こらっ。

結局合格祈願系お菓子をほとんど食べないまま、姉は受験当日を迎えたのでした。

疲れて帰ってきたら、妹が「コアラのマーチ」で「合格」ってのを食べてたそうです。。。
オカエリー。ムシャムシャ

「それだけは食べたかった。。。。」という訴えを聞かされる母。

045.gifダカラ、クッテイケトイッタダローガ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-16 09:52 | 隊長日誌

ある意味リスペクト

3連休も終りましたね。
ついついダラダラ暮らして正月リバウンド状態だった心に木枯らしが厳しいです。
ピープー。あぁ、萎えるわ。

3連休は初日に久々行った整骨院で
ガッチガチじゃないですか
「これじゃ、身体が可哀想だ。」
とか言われて、
すっかり「可哀想な私」気分になり、
その後、連日「中国整体」だの「クイックマッサージ」だのをして、いたわり続けたおかげで、
すっかり「もみかえし状態」な連休明けの私です。アタタタ。

「いきなり行き過ぎなんだよ。」
と小学生に叱られつつトクホンを貼ってもらいました。
はい、すいません。できれば、もう少し右に・・・

そんな親子を横目に、受験生は面接試験のシナリオ作りに取り組んでおりまして。

「高校生活の抱負は、よい年になるように前向きにがんばることです。」
←若干お正月気分がぬけてないのも気になりますが…。

「そんなことより、最近読んだ本とか尊敬する人を準備したほうがいいよ。とっさに出ないじゃん。」
と、母のナイスアドバイス。

「そっか。えーとえーと。本はぁ…・・・・・・」

何も読んでないようで…。

「読まなきゃダメ?」
泣きつくなっ。

尊敬する人は決めてあるの?」

「清少納言はどうかな?」
えーっっ

「どうしてさっ」

「頭いい女の人だから」
その理由で納言が出てくるのか?普通。

「あんたが頭悪いと思われかねないから、やめなよ。」

「えーっ。じゃあ、オバマは?」
清少納言の次点がオバマって・・・。

「ダメだよ。大体、顔しか知らないじゃん。」

「…。じゃあ、もうないよっ。」
←ふてくされるし。

あんたのそのチョイスがまずわからなきゃ、もうないってのもどうなんだ?
我が子よ。025.gif
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-13 08:54 | 隊員日誌

馬車馬は上顧客。

すっかり平常営業になりました。

年末調整を楽しみにしてる良い子の元に源泉票を配って歩く正月明けのサンタ金です。
ほれほれ。

「なんかいつもより少ないー」だの
「保険の控除のが今出てきたんだけど」だのと、色んなコメントを投げてくれる良い子はどこかな?

ナマハゲにやられてしまえっ

知るかっ。ペッ。

そんな私のもとに一本の携帯電話。^^^^^

「だから~、あとはご自分で確定申告をしてもらうしか……。ちょっと失礼。」パコ。

着信・夕暮れ中学校

何?

とりインフルエンザにでもなったのか?1号。

「もしもし。」

「あ、1号ちゃんの担任ですが。明日出す願書に不備がありまして。これでは出せません。」

ぇえっ? えーっ!

さんざん校長推薦だのスポーツ推薦だのって言ってたのに、願書出せなきゃ意味ないじゃん。

ちょっと。どういうことなのさっ。

聞くと、願書に受験料を振り込んだとき銀行払込済のゴム印を押してもらう欄があって、そこに押してもらってないからだめだというのさ。
払った領収書はあるのにー?

じゃ、どうすりゃいいんだ?と言うと、

「払った銀行の窓口に行って、願書に押してもらってくればいい。」とのこと。

「なんだ。そんなことか。」って。

なんと、

払った銀行は、「3ビシU銀行の虎ノ門支店」だったのよっ。
暮れに、虎ノ門の顧問先に行った帰りに払ったもんで・・・。

で、私は、今どこにいるかというと、その虎ノ門にいたりするわけで。

ちょうどいいじゃんと思いきや、

願書は、今どこにあるかというと、夕暮れ中学校職員室にあるわけで。
限りなく成田山にちかい位置の中学校・・・。

でも、明日の願書提出までに印を押して貰う必要があるわけで。

確か銀行って、15時までくらいしか開いてなかったような・・・。

で、ただ今11時を回っております。

考えただけで、目が回っておりますが・・・。くらくら。

ここから職場に帰って荷物持って、
速攻で千葉に帰って、
中学校に行って、
願書もって、
速攻でまた東京の虎ノ門まで出て、
銀行ではんこをもらって・・・。
この時点で15時がリミットって・・・。
えーとえーと。

かなり無理なんじゃ・・・。

と、思った時点で、走り出してる44歳。きっと前世は馬だな。馬車馬。

職場のみんなを
「急用で帰ります。詳しくは明日。」と、煙に巻き。キョトン。

たまたま来た特急に飛び乗り、デッキより各部署に携帯で指示を出す出す。

中学教師に
「今から行くから、書類をすぐ出せるようにしとけ。時間はない。」ハ、ハイ。
さらに、仕事中の幽霊隊員に
「今から中学校に行って、書類をもらって、それを持って駅に来い。」エ?ナニ?オレ?

コマは配備した。

これで無理なら、いさぎよく就職してくれ。1号。

と念じたのがよかったのか、いい感じにコマはコマコマ動いて、願書受け取って、快速に飛び乗り、東京メトロの最短を車内で検索して地下を走り。

虎ノ門にもどりついたのは、なんと

14時半。ナビタイムのオヤジもビックリさ。

楽勝じゃん。すんばらしい。が、へーとへと。

銀行では、「申し訳アリマセンでした。」とステキなディズニーグッズをいただいて、

「合格しますようにお祈りしてます。」
と銀行員に、ドアまで送っていただきました。

他の周りのお客さんに、

「超大口の上顧客なんじゃない?あの奥さん。」と思われたかも。オホホザマス。
「それにしては、髪フリ乱れてるけど・・・」とも思われたかも。真冬に汗かいてるし。。。
デブか?


昨日はいびきをかいて寝ました。ガーガー。夢も見ないで脳溢血のごとし。

今年は「平穏無事」をコンセプトにかかげたばっかりなんですけどね。

015.gif・・・降ろすか。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-08 22:04 | 隊長日誌

今年もよろしく~

c0169239_14444333.jpg

あけましたね。明けたら早いお正月。

例年のごとく元旦は成田山新勝寺に行ってきました。

去年の大混雑を計算して夕方に出かけたら大正解。
やったー。
こんなに参道をスイスイ歩けたのははじめてです。反復横とびしながらでも進めそうなスカスカの参道。←しないけど。

いい気持ちになって、毎年気になるがあまりの人混みに入ったことがなかった「参道の鰻屋」にも入ってみました。

美味しい~

思えば、鰻屋で鰻を食べるなんて久しぶり~。
子供連れだとついファミレスとかばかりだからなぁ。
一緒に鰻を食べるとは気付けば大きくなったもんです。
「特上ってどんなの?」
と余計な口をきかなければもっといいのだが。

「しらなくてもいいことです。」

お上品な並をペロリと平らげ、
更に参道でイラン人みたいな人がやってる「ケバブ」を食べる姉妹。喰う喰う。

「これ食べないとダメダメ。受験だし。」
このケバブは毎年恒例で食してるので、食べないといけない気分になってる1号。←気が小さいのか、ゲンを担ぎます。
そんなゲンを担ぐくらいなら、スケボーで遊んでんじゃねーよとも言う。連日滑る受験生。

自由人の2号は、
「天ぷら食べようかな?」と鰻専門店で言い放つような罰当たりなので、まったく仏罰もなんも恐れてないのかと思いきや、
「頭がよくなるように」と境内の煙をかぶりまくって、非常に煙臭いジャンボマックス。隣にいるだけでむせ臭いんですが。。。
罰は恐れないが、ご利益だけは信じてるようです。前向きすぎるわ。

今年は、高校生・中学生と新しいスタートの年だし。
私もなんか勉強しようかなーなどと、年頭らしく思ったりもしましたが、その後実家で騒いで飲んで二日酔いで、すっかりフレッシュ気分も一掃され、平常心の今日この頃です。

すぐ、一掃されちゃうのってどうよ?とか思いますが。。。。

今年もよろしくです。010.gif
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-01-04 14:44 | 隊長日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2