カテゴリ:隊員日誌( 22 )

前撮りしましてん。

c0169239_1024841.jpg

涼しくなったらやろうと思ってて忘れかけてた1号の前撮り。

着物屋からの「呉服会があるから来い。」的なセールス電話を受けて思い出しました。
あ。そうだったそうだった。

10月の土日のどっか、いい日があれば。
とか思って予約の電話をしてみたら、

はーぁ?
今ごろ10月が取れると思ってんの?
仏滅でもないわっ。

みたいな状況でした(T_T)

もはや暮れ以降、もしくは来年みたいな話で。
せわしないわ、すでに前撮りじゃないわ、どーするよ。
オロオロ

「今月23日なら取れますが」

「じゃ、じゃ、そ、そこで。」

と、食いついて予約した23日。


いきなり、しあさってでした。

早く取れ取れとうるさかったくせに、
「急すぎー。」
と、文句を言うクレーマー1号。

「こういう予約はこんなもんだ。」
と言いくるめると、言いくるまる娘。へー。

ほんとにバカでよかった。

そんなんで、ジジババにも急遽、召集をかけ(曜日感覚がないくらい暇なので問題なし)前撮り決行してまいりました。

着物屋の購入特典で「着付け・前撮り無料」だったんだが、ヘアメイクは別料金だし、綿つめたんで綿代金だの、脱がせる料金だので、けっこうな追加料金が・・・
(´д`|||)

写真も無料はワンポーズだけ。
「せっかく着たから」つう心理に漬け込まれて結局追加料金発生。

なんだかんだと4万くらいかかりました。
金銭感覚が麻痺してきて、高いかなんだかわからずに払ってしまうホテル商法。

非常に高品質なサービスと温かい対応をしていただいたからいいかな。
一生に一度だし。

的に納得しちゃうんだろうね。
しちゃったし。→バカ親子なのか。


ブライダル見学にきてるカップルも私と同じホテルマジックにかかった目付きをしておりました。
キラキラ)((☆。☆))


恐るべしは日本の「お・も・て・な・し」


プライスレス・・・ナンテモノハナイッ
[PR]
by kinsan-vol2 | 2013-09-24 10:02 | 隊員日誌

ダントツに白いらしい。

c0169239_190663.jpg

まだ続く我が家の受験生。
本日は2号の併願私立高の学校説明会。

朝から地震に大雨の千葉から、都会の京王線沿線まではるばるやってきました。

うーむ。遠いな。


併願用に考えてる訳ですが、千葉にも私立がない訳じゃない。

成績から見てもいい感じの私立があって、担任からも
「丁度いい選択ですね。」
と言われたのに、なぜか乗りきれてないように見えた2号。

三者面談でも表面上はまとまったようには見えて、なんかモヤモヤが見える訳ですよ。
私の気のせいか?

「最終的にはあんたの学校なんだから」
と言って切り出したら案の定…

「併願は東京のF高校にする。」

やっぱりな。。

中学校では
「そこには今まで受験した子いないし。どうして?」
と言われ、


「はぁ。なんだか文化祭を見に行ったら雰囲気をすごく気に入ったようで。」
くらいしか、説明できず。

私もいい雰囲気の学校だとは思うんだが、なにもここにしなくてもとも思うんだよね…
通学時間もかかるし…ねぇ。なんでだよ、実際。


とりあえず今日は説明会だし、行くかってな訳です。
行ったついでに個別入試相談したら、

案の定
「千葉からうちに?遠いでしょ。」
と言われまして。はぁ。

教頭先生が窓口になって、わざわざ併願推薦の記入用紙を2号の担任宛に送ってくれるとか。

親切だ、F高校。


「うちは内申点足りてれば合格だから、第一志望思いきってがんばってね。」

ほんとに親切だ、F高校。


てことで、なんとなく癒されて帰る帰り道。

「いい学校だよね。」

「あそこは今までで一番白いんだよね。」

「何が」

「霊とかの感じが。」

あ。それでなんですか。

それで捨てがたかったのか。

ストンと納得。


ま、県立がんばって下さい。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-12-03 19:00 | 隊員日誌
c0169239_22492358.jpg

ファンなので買いました。

東方神起の写真集

実は写真集を買うのって生まれてはじめて。
パラパラ。あらま♪素敵。

こう言うのを見ると
「ジューリーッ」
つう樹木希林のリアクションが頭に浮かんじゃう。
まぎれもなく中年ですな。


さてさて。
1号はB'zのファンでして、ファンクラブにも入っております。

大体B'zって、どうよ?女子高校生。

と思うんだが、意外と好きだという子もいるようで。

「Kがお母さんとB'zのコンサート行くから一緒に行こうっていわれた♪」
と夏から騒いでた1号。

Kちゃんは剣道部の後輩で、お母さんがバリバリのB'zファンらしい。
やっぱりお母さん世代が主導だよね。

クリスマスイヴはコンサートなんだ。
と、ずっと言って、チマチマと小遣いをコンサート用にキープしてた1号。

11月になってチケットが来まして。

「みてみて♪S席だー」
と見せびらかされたのが、11月2日の夜。

そして、楽しくダラダラしてた翌日の文化の日。

夕方Kちゃんから1号の携帯に電話がありました。

「あ。K。何?今?家だよ。うん。え?えーっ?」

なにやら、不穏な雲行き。

「お母さん、大変。コンサート今日だった。」

「え?クリスマスとかじゃなかったの?」

「勘違いだった」

どんな勘違いだよっ。

「お願いっ。車だして。」

「いいけど、何時からなのさ。」

「5時開演」

今、4時半回ってますけど。

「会場どこよ?メッセ?」

「さいたまスーパーアリーナ」

無理だろ。行ったことないし。

遅れても入れるからって言われてひた走る訳ですが。

高速は渋滞気味だし。

「コンサートって何時間やるのよ。」

「いきものがかりは二時間だった。」

「じゃ、あと15分でおわるけど。」

今、北池袋という状況なんですが。

「ま、B'zは、持ち歌沢山あるから、も少しやるかな。」

「でも、年寄りだから長時間はきついか。」

がんばれ、稲葉。歌い続けてくれ。
まだまだ若いと誰かのせてやってくれ。

と祈り続けて、さいたまスーパーアリーナ到着。
7時15分。

「ありがとっ。」
走り降りる1号。

行けっ。走れっ。

あんなダッシュしてるが場所はわかってるんだろうか。
野生の感か?


しかし。
あんなに夏から楽しみにしてて、なんで日付を全く間違えてるのかが、わからない。


そんなこんなで結局どうだったかと言うと、最後の一曲とアンコール二曲が聞けたそうです。

「もう、超よかった。泣けたよ。サイコー。」
だそうで。

最善をつくして満足するところは好きだが、アホを直してくれ。

不屈の精神でかっ飛ばす私の身がもたない。

新車の慣らしも完璧に完了だな。はい。


ったく、ばか娘。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-11-05 22:49 | 隊員日誌

緊張しました。

c0169239_21374127.jpg

「トマトを食べるとき緊張するよね。」
といわれて

「するする」
と激しく同意したんだが、

「普通しないみたいだよ。」だと。

えーっ。あの「ぷちゅっ」てくるのを予想して噛む時に緊張しないんですかぁ。
普通するっしょ。

我が家では私と2号は緊張する派で、なんと1号はしない派でした。


さて、そんな繊細な神経を持たない1号の神経を完全に制覇していた大学のAO試験。
太いのが一本しかないようなタイプなので捕まるとダメージ大です。


一次の書類選考通過後、二次の小論文と専門の基礎知識と面接にむけて、
「ちょっとなんか聞いて。ねえねえねえねえ」と
家族や彼氏を巻き込んで騒いでたわけですが。

先週日曜日に試験を受けてきまして。

「ダメな気がする。いっぱい、人いたし。多分あかん。あぁ」
と、意外とネガティブな女。

で、金曜日が発表でした。

今の発表って、ネットだそうで。
受験番号と誕生日を入れてクリックすると

「合格」か「不合格」がドンと出るそうな。

なんて、バッサリした発表なんでしょうか。

怖すぎます。

わたしゃ、怖くてみられません。


「あたしも見られないから見ない。」
と本人まで言い出す始末。

受かれば書類があとでくるからそれを待つからいい。それでいい。って、いつまでも来ないものを待ちつづけて春になったらどうするんだよっ。

でも無理っ。今日は無理っ。
みたいな1号。とんだチキンです。
どうした、突撃剣士の勢いは。

そんなことで職場と高校に別れていながら発表時間がすぎてもネットに行くことができない親子。


で誰が見たかというと。

「気になってしようがないから俺がみる。」
と、インパラくん。

で、携帯から接続。カチカチカチカチ…

「ひー、落ちてても何も言わなくていいからー」



「…おめでとう」

え、えーっ。
見せて見せて。

うううぅ…泣き崩れ。


てなことで、桜咲きました。
早咲きでよかったー。
肩の荷おりたー。

すみません、手違いでしたとか大学から連絡があると行けないから、早いとこ入学手続きをとっちまおう。と、とたんに機敏に動きたがる親子。
まず手違いかもしれないと思うところが悲しいわね。


何はともあれ、とりあえず受験生1号、片付きました。

はー、やれやれ。
ほんとにやれやれです。

ぐったり。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-10-22 21:37 | 隊員日誌

尊敬する部分はある。

c0169239_8201188.jpg

なんだかハマってるのは1号のアイポットに入ってるゲーム。

しらすの中に混じってる異物を探すという恐ろしく花のないものです。

淡々とやっております。はい。


しかし、最近のアイポットはスマートフォンにそっくりだわね。
おかげでスマートフォンが欲しいとほざく娘に
「アイポットと似てるから間違えて持っていったりすると面倒だよ。」
と牽制したら

「あ、そっか。」
とあっさり諦めました。

アホだな、こいつは。よかった。


そんなアホの1号の受験状況は、AOの二次試験に挑むところでして。

小論文と専門的な基礎知識の問題と面接。

う〜ん。アホだから心配だ。

「なんか聞いて聞いて」
としつこいので、

「じゃ、少子化についてどう思いますか。」

「えー。そういうのはやめて。」

選り好みする練習じゃだめだろ。

「じゃ、尊敬する人は?」

「出るかな?」

「王道だからね。」

「んー。」

そういや、高校受験の時は清少納言かオバマのどっちがいいかとか言ってたな、こやつは。

もう3年たったのか。はやいなー。

「んー。んー。尊敬しなきゃダメ?」

「いないって言うより誰か言っといた方が面倒がないんじゃない?」

「じゃ、ジマッチにする。」(←剣道部の顧問)

「理由は?」

「ずっと剣道やってるから 」

「あんたは続けるの?」

「もうやらない」

それってダメなんじゃないのか?
尊敬の理由もかなり弱いし。自分はやめる気だし。

「もう時間だから、あとはリョーにやってもらうわ。じゃ。」

と、バタバタと登校。

毎朝行く道で面接の練習に付き合わされてるらしい彼氏のインパラ君。

気の毒に。
尊敬するわ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-10-13 08:20 | 隊員日誌
c0169239_147133.jpg

またまた付き合わされるオープンキャンパス。

半蔵門線沿いの女子大ナウです。

しかし、親子連れが多いってか9割親子なんですけど。

父親と娘ってのすら、いるんですが。
お父さんごくろうさん。
(お父さん的には嬉しいのかな。)

でも18近い娘とその母親ってのは、本人が思ってる以上に似ているもので。恐るべしDNA。

ビフォーアフターが並んで歩いているキャンパスは、パラレルワールドのような不思議空間です。
これがこんなか、とか。なるべきしてなるか、とか。

こんなに大学受験に親子で取り組んでるなんて時代が変わったのねー。

こういうのを見ると、就職試験に親が着いてくるってのも、特別じゃないのかもなー。って気すらする。

昭和は遠くなりにけりなどとぼやきつつ、待ち時間にFFを進めようかとDSを出したら「電車だけにしなさい。」と言われる私です。
はいはい。チェ。

あー、女子大ってなんかいいわね。

なんかステキ。
いいにおいがする気がするわ。←おやじか。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-08-20 14:07 | 隊員日誌

7月の収穫と進路変更

c0169239_834598.jpg

いい感じになったので収穫いたしました。
今夜、味噌つけてたべよう。

ゴーヤの赤ちゃんも発見したので8月はゴーヤ収穫が楽しみです。ヒャッホー。


さてさて。

1号のオープンキャンパスと同様に2号も高校見学に回っております夏休み。

高校は大学と違って県立なら中学校で取りまとめてくれるので親は参加しなくていいから楽〜。

地元で人気のある高校を希望していて友人と行ってきた2号。

「どうだった?」
「無理。」
「なんでさ?あんなに気に入ってたのに」
「悪い霊が多すぎて長時間いられなかった」

えー?そんな理由?
三者面談で言えないじゃん。

確かに見学時間に耐えるのがやっとなら、六時間授業は無理か…

自分の学力と校風以外に悪霊の有無が判断基準に入る人なんかあんまり聞かないんですけどー。

じゃ、あそこはどうよ?と同レベルの高校を急遽見に行くことに。

見学会はやってる日じゃなかったが、校門の前まで行ってみる。
日曜の夕方、校門に佇む怪しい親子。

「ここはどうでしょうか、先生。」
「んー」

……

「中学校と同じ位だから大丈夫だ。」
「それはよろしゅうございました。」

てなことで志望校変更です。

県立でも地味な女子校だし、なんだか2号には、あってるのかもな。とか思いつつ。
下手な霊感なんぞ持つと余計な苦労があるわね。
生きにくいというかなんというか…

ちなみに1号の高校もなかなかの巣窟だそうです。

そして憑かれやすい1号は時々背負って帰ってくるので、2号に外ではらってから入ってこいと言われたりしてます。花粉か。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-07-29 08:34 | 隊員日誌
c0169239_13261866.jpg

AO受けるのには、オープンキャンパスに行ってシールをもらわなくちゃならない。だとか。

オープンキャンパスに行くには予防接種を受けた証明書がなくてはならない。だとか。

なんで大学のキャンパスは東京のはずれの方にあるんでしょうか。

親も行くのか?と思ったけど来たらけっこう親子参加多いし。
少子化なせいか?

暑いよー

混んでるよー

次回は一人で行ってくれ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-07-17 13:26 | 隊員日誌
c0169239_12415974.jpg

土曜日はまたまた剣道観戦。

今回は、1号の引退試合でした。

いや、勝ち進めばインハイとかあるわけですが、いきなり二戦目にとてもとても強いA高校に当たるレーンを先生が引いてきてくれたので、確実に引退ということでして。

相手が会場にきてる限り勝ち目はない訳で、ちょっと不慮の事故を祈ってみたが、会場にはお揃いのTシャツでずらずらーと場所を取ってるA高OBOG父兄応援団がいらっしゃりました。
あ。いらっしゃるのね、やはり。

とりあえず一戦目は順当に勝てたので、A高校の試合を見てみる。

1号と当たるのはこの子か、どれどれの最後のれを待たずして

「面あり一本」

えーっ。何?

早くない?とか隣の奥さんにいいかけた時点で

「一本。勝負あり」

ですわ。二本目なんかなんだったかわかんなかったよ。

すげーな。

そのあとの子達もサクサクっと二本取って勝負をつけていきます。
虫でも叩くかのようです。
当然5-0。ほんとにブレなく強いわ。

江戸時代でも立派に生きていけそうだ。

なんて感心してる場合か。

次の虫は1号たちだ。

「日本一レベルと戦って引退ならいいじゃん。思い出になるし。」

とか言って送り出したが、瞬殺では思い出になるんだろうか。
辻斬りにあうようなもんでは…。
気の毒だが、もはやいたしかたない。

写真は、辻斬り寸前の生け贄たち。
一番右が1号です。

先鋒なので、一番にやられちゃう。

もはや「少しでも長生きしてくれ」が応援の焦点になってきてる。

「はじめ。」

1号はいつもの攻めで果敢に飛び込んでいく感じが、敵より私の胃を攻め込んできます。

頑張る頑張るで、粘る粘る。
胴を一本とられてからも、必死で攻め続ける1号に、私の胃が持ちましぇん。
もうやめて。
オノヨーコにラブアンドピースだと仲裁に入ってほしいわ。アタタタ。

結局、時間がきて「一本負け」。
時間いっぱいできただけでも、よかったよかったよくやった。

これ以上は私がもたない。ゼーゼー。

他の子達もみんな負けちゃったけど、それなりに食いつくいい試合を見せてくれました。
人の子が食いついてるのは微笑ましく見れるもんなんだよね。


そんなことで
「瞬殺されなかったぜ。」
つうドヤ顔で引退と相成りました。
志が低い分だけ幸せです。

A高校はその後パスパス勝ち進み、難なく優勝したそうです。
おめでとうございます。


なんにしても、三年間よく頑張りました。お疲れさん。

えらいえらい。とナデナデしたら、意外や、かなり嬉しい顔をしました。
あらあら。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-06-20 12:41 | 隊員日誌

そしてフヨーしてくれ

c0169239_846221.jpg

地震のおかげで終業式もなくそのまま春休みに突入した1号。

部活も今月いっぱいやってはいけないという学校側の決定で、高校生活はじめての完全フリーの2週間。

「バイトやる。」そうで。

近所のコンビニやパン屋で友達がバイトしてるのを見ては人知れずあこがれてたらしい。

駅においてあるバイト雑誌を見ては「これはどうだ」「これはどうだ」とうるさい。
ほんとにうるさい。


春休みだけで高校生可で近所で友達に会わないようなところでできれば高時給。

そんなんねーよ。アホか。

と思ってたんだんだが、あったそうで。

近所の鍋料理屋。

去年の夏にオープンして
「この猛暑の中チャレンジャーだなぁ」
と感心したのだが。

いつも駐車場ガラガラで、いつつぶれるかと生ぬるい興味の対象だった鍋料理屋。

バイト募集してるって繁盛してたのか?
まず、そこに驚かされるぜ。

確かに友達にはバレないな。誰もいかないもん。

で履歴書書くからとまた大騒ぎな訳です。
一人で静かに取り組めないのか、お前は。

職場にまでメールしてきて
「配偶者て?あり?なし?」
「通勤時間てバス停まで歩く時間もいれるの?」
「扶養義務って何?」

あーーっ、うるさいっ。

「今から電話する(◎o◎;)」

いいから、早くしなよ。

で、どうやら面接してきたようで。

「なんか愛想なかった。他にも履歴書あったし」

特技に剣道三段て書いてったのを板さんが食いついてたそうだが…

「あさって決めるから電話するって」

あんなに大騒ぎだったくせに、急に無口な1号。手応えのなさを感じます。
まー、元気だしなよ。
社会は甘いもんじゃないんだよ。噛み締めろ。イッヒッヒ。


で、あさって。

「金曜から来てって♪」

面接通ってやがるし。ちっ。

剣道三段だな。板さん。


大喜びの1号に届いたもう一本の電話。

「木曜から部活やるから、来いって…」

身を粉にするしかないな。ぷっ。

ファイツッ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-03-24 08:46 | 隊員日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2