カテゴリ:旅日誌⑨伊香保編( 3 )

c0169239_1074063.jpg

遊戯場に投資して温泉の夜はふける。

どうして、浴衣というのは朝ヒモだけになっているのでしょうか。
てか、室温が異常に高すぎるわっ。
死体だったら液状化がはじまるぞ。温泉旅館。

そんなこんなでチェックアウトしたあとは行き場をうしなって世界遺産を見に行きました。
なんもない街でした。
一昨年の喜多方を思い出しました。
(会津の旅をご参照ください。)

お昼もるるぶに載ってる店に行ってみたが
「ホントに載せる店がないんだな、るるぶ」
という昭和の感じの食堂でした。それも60年代。
せめて、40年代くらいまで遡ろうぜ。
普通すぎてキョロキョロしちゃったよ。ミツカラナイアジワイ


「ケンミンショーで紹介されましたー。」
て、書いてあったホルモンの串刺しをたのんでみたが、最後の一本を誰が食べるか、押し付けあうレベル。
誰が食べたいっていったのよっ。
お母さんだって。

そんな小競り合いをする私たちに話しかける女将さんらしき人。
「どこからいらしたん?」
「ケンミンショーきたのよ」
「でも家族の数が足りないから他のうちに行っちゃったのよ」
「大家族にしないととか。集めたんだけどねー。ガッカリよ。」

と、テレビ事情について愚痴を聞かされました。
確かにいつも大家族で何やら食べるもんなー。
田舎だって核家族が多いだろうし、あれは近所の人とかで水増ししてるのか。

そんな富岡の街。
製糸場の記憶がほとんどありません。サムカッタヨウナ…

ざっぱな我が家の旅もここまで。
あとは確定申告に身を削ります。

以上。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2015-02-13 10:07 | 旅日誌⑨伊香保編

ガラクタばかり

c0169239_10163017.jpg

伊香保温泉。

射的とか弓矢とか輪投げが繁盛してました。
手裏剣まであるとは。

てことで、やるやる。やるやる。
気付くと5000円近い散財です。

で、将棋の駒一個とかビニルのアヒルとか落としてガッツポーズしてたりして。
しっかりしろ、自分。

あんまり熱心にやりすぎて、他の客を呼んでるんですが。
感謝してほしいわ。なんかくれ。


階段温泉とは魔空空間です。
崩しては消える小銭たち。いずこへ。

あな恐ろしや。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2015-02-12 10:07 | 旅日誌⑨伊香保編
c0169239_12382195.jpg

いよいよ、これから怒濤の1ヶ月になるのでその前に温泉にいくことにしました。
現実逃避して充電しないとっ。
バッテリーの持ちがかなり悪くなってますんで。

受験があったからしばらくどこにも行かなかったし、久々の家族旅行だー。


てことで、階段の温泉街「伊香保温泉」1泊でございます。
なんかのテレビでみて行ってみたかったのさ。

とにかく温泉場らしい温泉場を満喫しましょー。

「射的やるんだー」
「輪投げは得意だからやる」
「弓もやってみたい」
「いいねいいね」

て、温泉場に向かう抱負を述べ合う姉妹。

そんなんばっかり、あるものなのか。と、横でビールを飲む草津1号。

隣が赤子連れの親子だろうと、朝から呑むのさ。休みだもん。ふんっ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2015-02-10 12:38 | 旅日誌⑨伊香保編

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2