開運の扉

c0169239_19335085.jpg
今回の宿はこちら。写真は、表玄関の扉。

温泉宿「鶴亀大吉」です。

なんかめでたそうでいいなと決めたんだが、どうやら「めでたい」のが宿のコンセプトらしい。

そこらじゅうに達磨だとか小槌だとかあるし。
部屋も「至福の間」とか「縁起の間」とか。

ちなみに私らの部屋は「楽しさ重なる楽楽の間」でした。なんやねん。

宿自体は小さい敷地の宿だったんで、多分リニューアルでこんな特色押しの差別化を図って生き残りにかけたのか。

なんか、ハッピー感を切実に訴えかけてきてる感じが。。。が、がんばれ。

「フロントのサロンは夜はライトを落としてナイトラウンジ「楽っ気~」になります。」
と言ってたので、夜覗いてみたら、ライトを完全に落として真っ暗でした。
こんな落とし方なのか。おい。無人だし。怖いわ。

でも、我が家の霊感2号いわく、
「さすがに悪いのがいないわ。」
そうで。

これだけハッピー押しできてて、怨霊の巣窟だったら、それもそれで面白いけど。
ま、2号が持たないか。。。
よかったな、鶴亀大吉。

そんなことで、霊も料理もサービスもお風呂もよかったので、日光にお寄りの際はぜひどうぞ。

東照宮まで徒歩3分です。




[PR]
by kinsan-vol2 | 2014-04-06 19:33 | 旅日誌⑧日光編

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2