ならぬことはならぬとか言わないで。

c0169239_1330457.jpg

写真はホテルの朝食バイキング。朝食だけの2泊でお世話になりました。
←観光地でノープラン気味なら時間を気にしない夕食なしがおすすめ。


初日は思いの外の長距離ドライビングで、到着まで約六時間。
なにより一番握力に疲れをかんじるのは高速道路軽自動車走行たるゆえんか。
(;゜∇゜) ニギリシメル300キロ  ぜーぜー

ホテルに到着したのが15時過ぎだったので、観光しようにもあちこちはもう無理。私が無理。
ということで、とりあえず「藩校日新館」だけ行こうかと。

「ここから歩いていけますかね。」という問いかけに
「無理です」とフロントマンの即答。

再びハンドルを握って出発。(泣)

「あ。マジで歩いては無理でした」な位置にございました。

藩校だから城の周りにでもあるのかと思ってたよ。全然山の中だし。

到着したのが16時ちょい。16時半とかで終わりだったみたいで。

ここでのお楽しみは色々「体験」ができるてことで、「弓矢体験」や「あかべこの絵付」をしようとワクワク話しながら到着したのに、

「本日の体験は終了しました」

ガビーン・・・

ま、閉館ギリでやってきて無理っちゃ無理だが。

しかし16時半とかって早くないか? せめて18時とかじゃない? 田舎だからか? ブーブー

といいつつ、藩校をうろつくゴロツキのような私たち。

結構広いので見どころはあるんだけどね。
孔子?なんかの仏像があるし。←仏じゃないか?

赤の他人の絵馬を見てケチをつけるたちの悪い我々をビームを出しそうな目で見つける孔子様。

もう帰るか・・・


と、そこに「弓矢体験しましたか?」と声が。

「時間が遅くて終わってて。」といったら、

「やりますか?」って。

「え?」「え?」「やりたいやりたい」

すさまじい我々の食いつきにうろたえながら、弓道場の鍵をあけてくれるおじさん。

この人は誰なのか? 神か? 孔子か?

近所の弓道部らしき高校生が練習に使ってたりしてるみたいな本格的な弓道場でテンション急上昇。

このおじさんは何でこんなにというくらい、弓を語り、4本200円の客とは思えないくらいのご指導ご鞭撻。

そして、超へっぽこの私たち。
手前の土手やら土やらに射る射る。的が遠くであきれてます。


「もう4本ずつお願いします。」「私も」「私も」

エンジンがかかりやすい体育会系バカなもんで、なんだかんだで粘りまして。

的の手前まで行っただの、角度はよかっただの騒いで、

「うまくなったなし。」と上達をほめられガッツポーズ。わーい。


もしかして「もう、帰ってくれ」つうことだったのか?おじさん。

そうだよね、もう閉館時間だよね。つか、過ぎてるし。


そんな初日は終わり、腕の筋が次の日痛くなりました。もうパンパン。


夜は馬を喰いまくり明日へ続く会津の夜。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2013-08-11 13:30 | 旅日誌⑦会津編

ここに基地作って8年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2
プロフィールを見る
画像一覧