あとは祈りの日々

c0169239_852164.jpg

てなことで続き。

予約した時間にシミトリにやってきた私。

痛みを和らぐから術前に患部を冷やしてお待ちくださいと保冷剤を渡される。

30分も両手で押さえてたら、ほっぺた冷える以前に腕が固まってアタタタタ状態。

まだぁ。と一時間近く待たされる。
どんな予約だよ。


「金さん、おまたせしました。」

手術用のベッドに寝てゴーグルをさせられる。
「レーザーの光がまぶしいから」てことらしい。
そういや、前の時もしたなーとか思い出す。

「じゃ、いきますよ。輪ゴムでパチンと弾く感じがきますからね。」

「はい」

パチンッ

うっ。

輪ゴムでパチン。ではなく、輪ゴムをマックス伸ばしてパチーン。という説明に次回から変えてください。

めっちゃ痛いすけど。

とはいえ、手術台に乗った以上はまな板の上の鯉。
だてに二人も産んでません。(帝王切開だけどさ。)
静かに耐える大和撫子魂。アウチとかも言わず。

イテーナーと思いつつパチーンパチーンと輪ゴム攻撃を受ける。

今更最初のほっぺた冷やしの重要性を思い知る。
ちゃんとやっとけばよかったと学生のような反省をしつつ、パチーンパチーン。

なんだか焦げ臭いし。
明らかに私が焦げてる訳で。

「はーい、いいでーす。」

30分くらいで終了。

「明日になったら絆創膏剥がして軟膏を1日三回ぬってくださいね。」
「2、3週間したらかさぶたになって綺麗に取れますから」

あ、あぁ、そうだった。

やったあと暫くはシミが真っ黒になってかさぶたになるまでの時間があったんだった…

しまった…

会社があるじゃん、私。

しかも一気に全部やったからかなりな状態なんですけど。
全部で一万八千円に前後のみさかいを見失っておりました。ヤラレタ、タカタ。


「これ、どうするよ。」
と病院の鏡に相談してみる。返事はない…

こないだ、瞼を縫ってたと思ったら、今度はほっぺたか。
繁忙期に何してんだ?てなことになりかねん。

うーむ(ーー;)うーむ

悩んだ結果、「揚げ物したら油がはねて火傷しちゃった」ということで、肌色絆創膏貼って通勤してます。

職場は超繁忙期なおかげで意外とスルー。
「慣れないことするからですよ」位なこと言われる。悔しい。

早くかさぶたになって取れますようにと祈ってやみません。

年のせいか、皮膚の活性化が遅くて悲しい。。。

正月に間に合いますように。アーメン


おしまい。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-12-21 08:52 | 隊長日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2