休み中の女が一人。

c0169239_0242224.jpg

連休中に行こうと思っていたところに行ってきました。


ジャジャーン、占いです。
大型連休にここかよ。とはいわないの♪

ここのところ、手相をみてもらったパートさんから色々聞いて、あーだこーだと職場ランチタイムはもりあがっておりまして。

「私も休み中に占い行ってみるわ」
てな決意を固めた訳です。

ネットで検索したところ、四街道の占い師のクチコミを発見。
そういや、あそこに看板あったなーと思いあたる占い師が2人。

ほんじゃ、ま。と行ったら1人目のオヤジ占い師は人気あるようで女子がいるいる。

「予約でいっぱいなんだよ」だって。
あなどれないな、田舎の占い師も。

じゃ、もう1人の方に行ってみるか。テクテク。

こっちは人けがないっつうか、本人までいないし。おい。

用があるなら、電話しろ。と携帯番号が書き置きしてある。

どうだよ?と思いつつ、電話してみる。

「はいはい。占い?」
って受け答えは、他のこともやってるのか?と不安になるが。
やっちゃ、いけなかないけどさ。

「今お昼ご飯たべてるのよ。あなたは食べたの?」
「いえ、まだですが。」
「食べてきなさいよ、ね。」
「じゃ、食べて1時に来ます」
「わかった。じゃ、1時ね」

なんだか予約つうより待ち合わせになってる感が強いが、占い師の指示どおりお昼をたべて時間をつぶす。

1時。
3分遅れて占い師登場。ありがちなオバサン占い師だ。

「じゃ、生年月日と名前を書いてね」
ハイハイ。
「彼氏とのことが聞きたいのかしら?」
オイ。相手を見て聞け。
「結婚してるの?お子さんは?」
えー、旦那なし子どもありです。
「じゃこどもの名前と生年月日も書いて」
ハイハイ。
「どれ」

生年月日と名前の字画でなにやら色々書き出してますが、字が汚くて読みにくい。

「下の子はなんかの生まれ変わりだ。一番しっかりしてる。」
「上の子はがんばり屋。独立して離れるね。」
だそうで。
当たってるような気もするが。ふーん。
(なんかってなんだよ。)


それより、私はどうなのさ。
「今、彼氏はいるの?」
って、またそれか。つうか、占いにくる人はみんなそれを見てもらいにくるもんなのか?
いなくてすいません。

「495051で出来るみたいだから、安心して」
って、特別に欲してはいないんだが。すいません。
「60もいいわよ」
って、完全にあがってからも惚れたりするもんなのか?どうなんだ?

あと手相を見て色々言われたが、なんだか忘れちゃったなー。

「お金はなんとなく回るが、残らない。浪費しがちだから」
「子どもと相性がいい」
そんな感じでした。

確かに、お金はなくなりそうだと、どっかしらから入ってくるが、あると使っちゃう傾向にあるなー。
貯めときゃ良かったと思う時はある。
うーむ。

しかし占いって、聞いてる時はへーとか、そうそうとか思うのに、思い起こすと半分も覚えてないもんなのかと。
私の記憶力のせいなのか。
衝撃的なこともなかったからかしらね。

他に客も来なかったので、一時間ほど色々聞いて、三千円也。

「十回来たら一回タダだから」
というポイントカードをもらって帰ってきました。
(普通はそんなに行かないと思うけど。マッサージじゃあるまいし。)

「彼氏ができたら相性調べにおいで。」
って、まだ言うかっ。


でも、できたら行こう。待ってろ。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-05-06 00:24 | 隊長日誌

ここに基地作って8年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2
プロフィールを見る
画像一覧