お返しはいつもの木刀

c0169239_19373639.jpg

土曜日は1号の剣道部三送会(三年生を送る会)でした。

一週間前に
「今年はなんか余興をしろ」
と顧問に言われて急遽子どもたちが準備した余興がありまして。

女子はAKB、男子はカラと少女時代だとか。

「男子はヤバイよー。」
と言ってたので楽しみにしてました。

もう、ほんとにヤバイ。
坊主の子たちの大変素晴らしいセクシーダンスに大笑いでした。
本物に忠実なだけに笑える笑える。
短期間にどんだけ練習したんだか。


体育会系の子たちのこういうノリって明るくてほんとに好ましい。

女子の「ポニーテールとシュシュ」にお揃いのシュシュを作ってくれたお母さんがいたそうだが、誰一人として頭につけられず、腕にしてました。

ポニーテール〜♪
「できねーし」

と、男子が合いの手をいれて、また爆笑。


剣道で就職していく子や体育教師を目指して進学する子、また全く違う道を目指して専門学校に進む子たち。
一人ずつ感謝の言葉と将来の抱負を言うのを聞いて、もう来年は1号がこの場に立つのかと思うと高校時代の短さに戸惑います。

先生からの送る言葉の
「高校はあと何ヵ月だからと考えて堪えれば終わるけど、これからは終わりがないつらいことがくる。
くじけることも覚えて、次に進みなさい。
くじけることを恐れないことだ。むしろ、くじけろ。」

いわれなくても只今仕事でくじけてる私は大変共鳴いたしました。
そうだ、人生ポッキポキだぜ。


そして三年生から先生への贈り物が
「ちゃぶ台」
裏に寄せ書きがしてありました。

「毎年もらうのは心苦しいんだが、子どもたちが考えてくれたものをもらうこの瞬間が大好きだ。ありがとう。」

「二年生たちも俺たちの時はなんにしようかと今頭に浮かんでるかと思うが、金額じゃない。センスだ。」

かえって、ハードルたけーよ、先生。


去年は座椅子。
今年はちゃぶ台。
来年はどうするんだ、1号たち。

私も楽しみだ。


春はもうすぐだね。
みんな、がんばれ、がんばれ。
←お前もな。 はい。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2011-02-27 19:37 | 隊長日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2