海底20000マイル並みに

c0169239_8263919.jpg

反省しております。

飲みすぎちゃいました。


前の職場の同期にさそわれて、彼女の行きつけの店に。

八丁堀の牛タンと本格焼酎の店で、なにもかもが美味い。

海ぶどうとか、なめろうとか、さくらえび刺身とか…

いちいち私の心をつかむ訳です。
メインの牛タンもサクサク噛みきれる上物でおそろしく美味い。

「すごい美味しい。いいね、また来るわ。今度、友達と来るわ。」
気に入ったあまりに、入って間もなくから「また来る」連呼の私。おちつけ。

彼女とは16年来の付き合いなんだが、こうやって差しで飲む機会があまりなく、

「だんなさん、元気?」
「あ、2年前に離婚しちゃった」

「お義母さん、同居したの?」
「あ、もう死んじゃったよ」

と、お互い「きいてないよー」な話題多し。


盛り上がって笑って飲んで食って、マスターに挨拶したあたりから記憶なし。

気付くと千葉。電車なし。

「金さん金さん」と呼ばれて、その人の車で地元の駅前まで送ってもらったが、今思うに誰だかわからず。

車で「息子三人が」て言ってた記憶があるので、子ども関係の知り合いの人だったのか?

ものすごく「たすかりました」と挨拶してた私だが、あの人は誰だったんだろう…。全く浮かばない。

娘らに「知らない人の車に乗ったらいけない」と言っているのに、この有り様。顔も覚えてません。
(←シラフでも顔は覚えられないから同じだが)

そして、あんなに美味しかったお店の場所も思い出せません。

全ては夢だったのか?

いや、二日酔いで死にそうなので、現実のようです。

つらいわ…。
[PR]
by kinsan-vol2 | 2010-06-07 08:26 | 隊長日誌

ここに基地作って6年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2