標傍科は?

c0169239_8342419.jpg

我が家の水槽も、色々ぶちこんで早いもので一週間。


ボーと見てるだけで癒されます。
お疲れ現代人には「あー魚になりて~」みたいな水の世界への憧れがあるのかしらね。

先週やってきた幽霊隊員にいたっては
「見てると癒されるなー」と、何もいない水槽のボコボコ見て言ってたが、そりゃ、疲れすぎだろ。おまいさん。

お中元にシシオドシでも送ってやるか。カコーンてやつ。


さてさて。

中身を入れて、毎朝熱帯魚を眺めながらの朝ごはん。

「なんかいいわ♪」と思ってたんだが、3日目にして異変発見。

牡グッピーのオッポがボロボロになりかけてる…

「尾ぐされ病」でした。ヒドイナマエだ。

別に分けないと感染るらしいが、熱帯魚用の水槽が何個もあるわけじゃなし。うーむ。

しかたなく筒型プラカップに入れて水槽の端っこに。隔離病棟か。

次の日、オグサレ患者追加。
オグサレウイルス恐るべし。

その夜、オグサレ1号死亡。埋葬。チーン。


もはや、癒しで眺めるというより、オグサレ患者を探す目線に変わってる5日目の朝。

「む。コイツは。何だ?」

調べたら「ハクテン病」でした。

新病棟追加。

一般病棟がかなり手狭になってきてますが。

うちの水槽の水が悪いのか?あんなに安定させたのに?
匂いをかいでみたりしたが、もちろん全くわからない。うーむ。

そして6日目の朝。

金さん教授の回診の時間です。

「オグサレ君は今日が峠だね。」
「ハクテンはだいぶ来てますね、安静に。」

さて、新たな感染は?と見ると、

「むむむっ。これはっ」

赤ちゃんがいます。

えーっ。早くないか?

つーか、オスメスでいるのって、オグサレグッピーだけなんだが。

お父さんが死ぬ前に一目会わせてあげようと、お母さんひねりだしたのか?

てか、おとーさん、病気なのに元気。と感心すべきか。

なんて言って感心してる場合じゃなーい。

稚魚をわけないと食べられちゃう。いそげいそげ。

赤ちゃんICU設置。

どんだけプラカップ?みたいな状況です。

パッと見、「これは一体何?」みたいな水槽に仕上がっております。(T_T)
[PR]
by kinsan-vol2 | 2009-07-17 08:34 | 隊長日誌

ここに基地作って8年になりました。FBはじめて更新が滞りがちですが、時々覗いておくれやっしゃ。


by kinsan-vol2
プロフィールを見る
画像一覧